2018年12月から開始予定の8K放送。最近は医療、セキュリティー、社会資本整備など、8Kそのものが各方面から注目されるようになり、その潜在的な応用範囲は多岐に亘ると予想されます。今回はパブリックビューイングなど大きなサイズのスクリーンで見る観賞用コンテンツに絞って、InterBEE2017での8Kシアター用コンテンツ制作を事例に8K機器開発の先駆者的ポジションにおられるアストロデザイン様にお話頂きます。合わせて、8K映像制作ワークフローの今について解説していただきます。
日 時 2018年3月20日(火)15:00~17:30
会 場 アストロデザイン株式会社
〒145-0066 東京都大田区南雪谷1-5-2
講 師 アストロデザイン株式会社 企画部
部長 金村 達宣 氏
定 員 50名
会 費 会 員:無 料 (MPTE個人会員・法人会員)
学 生:無 料
非会員:4,000円
テーマ 『8Kパブリックシアター映像制作の実践とワークフローの解説』
内 容 1. 8K解像度とコンテンツの親和性
2. 成功例、失敗例
3. 視聴環境
4. 制作ワークフローの解説
5. 今後の課題
※勉強会終了後、機材デモと8Kプロジェクターによる試写も予定しています。
お申込 参加ご希望の方は、下記フォームよりお申込下さい。
主 催 一般社団法人 日本映画テレビ技術協会
 

 
 

MPTE 第39回勉強会

「8Kパブリックシアター映像制作の実践とワークフローの解説」


参加申込フォーム
 
*必須項目については全てご指定願います。
会員種別 *
ご氏名 *
ふりがな *
社名/学校名  *
社名/学校名 ふりがな *
所属/学部 *
TEL *
e-mail *
   
 
 
 
TOPに戻る