放送メディアには国民の生命・財産を守るために防災・災害報道を行うことが大きな使命となっています。阪神大震災以来、テレビ局舎や中継車、取材設備など、多岐にわたって最悪の事態を想定し、その時に備えてきました。またSDからHD放送への転換も大きな変化です。これにも放送局全社は対応してきました。大きな流れが落ち着いた頃、東北地方を大地震が襲い、そして映像は4Kへまっしぐらです。終点の見えない自然災害と技術革新に、地方ローカル局は何を最優先したのか。昨年11月に移転・完成したテレビ局には、次の時代に備えた準備と覚悟が見て取れます。
■ セミナー時間 ■
日 時 平成29年3月22日(水) 午後2時30分から午後6時頃まで
場 所 中京テレビ放送 ・多目的スペース「プラザC」
参加資格 どなたでも参加できます
参加費 無 料
参加申込 お申込フォームからお申込ください。
講 師 中京テレビ放送 技術推進局放送技術部 北折政樹
中京テレビ放送 技術推進局放送技術部 中村鑑三
設備メーカー様(数名予定)
■ セミナー内容 ■ (※随時、受付中)
「防災と4K」をテーマに放送設備や報道設備については担当局員から、更にメーカー様にも加わっていただき、来るべき4K時代をどう見据え、そのタイミングをどう考えているのかについてもトーク形式でお話をしていただきます。

①BCP対策に基づいたビル設計と防災放送への備えについて
②4K番組制作設備の紹介
③報道ワークフローの完全ファイル化

申し込みは下記 「申込フォーム」 から
■ 会員様特別企画 ■(※3月8日〆切)
中部地区の個人会員、中部地区放送局の法人会員、所属する個人会員様に限り、セミナー開始前に局舎内の見学をしていただくことが可能です。局舎見学会は13時開始です。
人数が集まり次第、順次見学をスタートしますので、時間通りに1F受付へお越し下さい。
見学の都合上、お待ちいただくこともありますがご理解下さい。

<見学場所>  
○報道フロア ○スタジオ・制作サブ ○BCP対応設備・食堂など

■なお放送局関連の参加者様は、在名系列局の協会幹事を窓口として見学希望を申し込みください。

 

 
 
中部支部・2017春のセミナー
最新のテレビ局舎から学ぶ「防災と4K」への備え

参加申込フォーム
 
*必須項目については全てご指定願います。
◎一般企画
◎会員特別企画 定員に達しましたので会員特別企画参加申込は終了いたしました。
会員種別 *         
ご氏名 *
ふりがな *
社名/学校名  *
所属/学部 *
役職/学年 *
電話番号 *
e-mail *
   
 
 
 
TOPに戻る