今やHDR(ハイダイナミックレンジ)によるコンテンツ制作は現実のものとなりました。
HDR対応テレビ、UHDブルーレイの登場、BSを使った4K/8Kの試験放送、またHDR配信などが進む一方、コンテンツ制作の現場では急激なテープレス化、高精細化に加えて今回のHDR化の台頭で、映像制作に関わる我々にとって未知の領域がどんどん拡大しているのも事実です。
この度、映像プロセス部会(塩田部会長/東映ラボ・テック)は、映像業界に従事する皆様を対象に、HDR技術の研究者やHDR制作経験のあるクリエイターの生の声、また関連メーカーの技術者によるHDR技術の解説、またHDR機材のデモンストレーションを間近に体験できるコーナーも用意し、皆様のHDR制作ノウハウの向上に役立つセミナーを企画しました。
このセミナーでこれからのHDRコンテンツ制作で一歩先を行きましょう!
 
日 時 2016年7月8日(金)13時30分~18時
場 所 フクラシア品川クリスタルスクエア3F
東京都港区港南1-6-41 品川クリスタルスクエア3F
(JR品川駅 港南口から徒歩8分)
アクセス:https://www.fukuracia-shinagawa.jp/access/
会 費 会 員 5,000円(協会個人会員、法人会員社)
非会員 8,000円(協会会員外)
お申込方法 下記申込フォームよりお申込下さい。
団体でのお申込は、団体申込フォームをダウンロード頂き、 FAXまたは、メールにてお申込下さい。
団体申込フォームダウンロード word版 pdf版
申込締切 2016年6月27日(月)
定員になり次第、締め切らせて頂きます。
※キャンセルをされる場合は、開催2日前(7/6)までにお申し出下さい。
お支払方法 請求書を発行致しますので、7月5日(火)までにお支払いを お願い致します。尚お支払い期日に関しましては、ご相談を承ります。
【主  催】 (一社)日本映画テレビ技術協会 映像プロセス部会
【問合せ】 (一社)日本映画テレビ技術協会 担当:吉野、山田
Tel:03-5255-6201 Fax:03-5255-6202 E-mail:seminar@mpte.jp

スケジュール
13:30~13:35 開会挨拶
13:35~14:15 1. 基調講演
 いよいよ始まる4K・8K HDR放送

講師:西田幸博 氏(NHK放送技術研究所 テレビ方式研究部上級研究員・標準化プロジェクトリーダー/工学博士)
4K・8K超高精細度テレビの試験放送が8月1日に始まります。4K・8K放送は、ハイビジョン放送よりも解像度・画素数が格段に増えて臨場感や実物感が向上することに加えて、高ダイナミックレンジ(HDR: High Dynamic Range)と広色域(WCG: Wide Color Gamut)によって映像表現の可能性が拡大し、一層の視聴体験の向上が期待されます。
本講演では、テレビ放送のHDR化について解説するとともに、今後の超高精細度テレビ放送を展望します。会場では、HDRの8Kコンテンツを皆様にご覧頂きます。
14:25~15:05 2. 撮影監督の視点から見るHDRコンテンツ制作事例について
講師:小川ミキ 氏((株)トライフォース 撮影監督)
HDRコンテンツを制作した経験に基づく、現場に則したHDR撮影のテクニック、ノウハウについてお話しします。撮影監督の観点から、制作前に知っておいた方がいい知識、撮影時に気をつけたい事、またポスプロを含む納品までの注意点についてもお話しします。実際にモニターを出しまして、SDRとHDRの違いをご覧いただきます。
機材提供:キヤノンマーケティングジャパン(株)
15:15~15:35 3. HDR制作におけるキヤノン製品の活用方法
解説:キヤノンマーケティングジャパン(株)
キヤノン製品を使用したHDRの技術及び活用方法をご紹介致します。
15:35~15:55 4. HDR制作を実現する製品、技術、ソリューションのご紹介
解説:ソニービジネスソリューション(株)
広いダイナミックレンジ、広色域を実現する事は4Kとならび、高画質化を実現する重要な要素と考えております。これらの要素を備えたHDR対応機器及び弊社の考える制作ワークフローをご紹介いたします。
15:55~16:15 5. HDR技術を実現するDolby Vision
解説:Dolby Japan(株)
Hollywood映画で広く採用されているDolby Visionについて技術説明ならびにそのコンテンツ制作、配信から表示までの技術・環境について解説します。併せてHDRと立体音響のDolby Cinemaについても海外での展開状況をご紹介します。
16:15~16:35 6. パナソニックのHDRの取り組みについて
解説:パナソニック(株)
当社は、ハリウッド映画会社、CEメーカー、技術会社、配信サービス会社と共同で、BDAのUltra HD Blu-ray規格、CTAのHDMI2.0a規格、UHD Alliance のUltra HD Premium規格等のHDR関連規格の策定を先導しました。これら業界標準対応の4K HDR対応製品の商品化も積極的に推進し、昨年末、世界初のUltra HD Blu-ray機器を商品化したことを皮切りにUltra HD Premium対応の4K HDRTVと同規格対応のUltra HD Blu-ray機器の製品化を業界に先駆けて行いました。今回は、上記HDR関連規格の概要と、当社のUltra HD Premium関連機器のデモと概要紹介を行います。
16:35~17:30 機材展示見学
NHK放送技術研究所、キヤノンマーケティングジャパン(株)、
ソニービジネスソリューション(株)、Dolby Japan (株)、パナソニック(株)
  ※講演内容、展示内容等変更になる場合があります。
 

 
 
映像プロセス部会 第53回特別セミナー

最前線の研究者、クリエイター、技術者が集結!
これでわかった!最新のHDR制作

参加申込フォーム
 


定員になりましたので、受付を終了しました。



 
TOPに戻る